Indonesia Research Freelance

インドネシアでの市場調査及び支援業務 -ジャカルタを拠点に活動を展開-

インドネシア経済・産業ニュース
インドネシア経済・産業ニュース。亜州ビジネスアセアン産業データ&レポートのインドネシアの記事を紹介。インドネシアの気になる経済・産業ニュースを厳選。You Tube動画も混じえながらインドネシアの今を紹介!

スラバヤ準高速鉄道建設、間もなく日本政府とMOUか(19年8月8日)

ブティ・カルヤ・スマディ運輸相は5日、国際協力機構(JICA)が事業化調査(FS)を進めているジャカルタ〜スラバヤ準高速鉄道建設計画について、近く両国政府で建設に向けた覚書(MOU)が交わされるとの期待を明らかにした。来年半ばの着工、2022年末の運行開始を目指している。ジャカルタポストが6日付で伝えた。
 この鉄道はジャカルタから中部ジャワ州スマランを通り東ジャワ州スラバヤまでをつなぐ路線。現在はJICAがFSを仕上げている段階とされる。両政府が合意すれば建設に2年、試運転に半年をかけ、22年末の運行開始を目指す。
 ブティ大臣によれば、建設は2フェーズに分けて行い、第1フェーズのジャカルタ〜スマランは新たに線路を敷設。第2フェーズのスマラン〜スラバヤは既存の路線を改修するとしている。
 課題の一つはコストで、JICAが建設費を90兆ルピア(約6720億円)と見積もっているのに対し、インドネシア政府は60兆ルピアに抑えたい考え。実現すれば円借款が供与され、インドネシア側が土地を提供する。
 なおこの鉄道の平均速度は時速140〜145キロメートル、最高速度は160キロメートルが想定され、実現すればジャカルタとスラバヤを6時間以内でつなぐ。
内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

「納期厳守」、「調査ポイントをはずさないこと」、「迅速な返答」をモットーとしております!

モバイルサイト

Indonesia Res. FreelanceスマホサイトQRコード

Indonesia Res. FreelanceモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!